神原ロジスティクス 信永海運の委託による新混載サービスを提供開始

2022年8月18日

神原ロジスティクス

[企業動向]

神原ロジスティクス 信永海運の委託による新混載サービスを提供開始

新サービスを開始

 神原ロジスティクス株式会社は、海上混載輸送(LCL)大手の信永海運株式会社(東京都港区芝公園)の委託を受け、福山港(広島県福山市)発 ― 釜山港(韓国)向けの混載サービスの取り扱いを開始します。2022年8月より開始する本サービスでは、一般貨物を釜山経由で世界中に輸出するほか、釜山に向けては危険物も取り扱います。地方港の混載サービスとして危険物の取り扱いは珍しい例となるため、より強みを発揮できる分野と捉えています。

 福山港発釜山港向けの「釜山経由ワールドワイド混載サービス」は、週1便の定曜日制での運航を予定しています。高麗海運(KMTC)が運航する日韓航路を活用し、リードタイム3日(火曜日にCFS(※1)カット、木曜日に福山港を出港、日曜日に釜山港に到着)のスケジュールで福山港と釜山港とを結びます。
一般貨物については信永海運の現地パートナーを通じて、釜山経由で中国、アジア、欧州、中東、アフリカ、オセアニア、北米、中南米に向けてワールドワイドへの輸出に対応します。釜山向けには、危険物にも対応しています。

 当サービスにおいて神原ロジスティクスは福山港国際コンテナターミナルに隣接する自社倉庫を活用し、一般貨物の取り扱いはもちろん、危険物倉庫を活用することで、クラス3、6、8、9の危険物輸送に対応しています。

 神原ロジスティクスは、今後も信永海運株式会社との協調を進め、サービスの向上に努めます。

※1 CFSとは
CFSはContainer Freight Stationの略。貨物量がコンテナ1本単位に満たない複数の荷主の小口貨物を混載(合積み)する施設を指します。小口貨物の集積、保管、蔵置する輸出入貨物の荷捌き場所として活用されます。

■福山港発 混載サービスについて(信永海運サイト):
https://bookshelf.wisebook4.jp/html/wan55sendai/47457/#1

■神原ロジスティクス株式会社について
1978年設立の前身企業、常石ポートサービスより継承した物流事業を展開しています。海上輸送、通関、倉庫保管のほか、国内の陸上輸送など、総合的な物流サービスを提供。倉庫から店舗へのジャストインタイム納入や、倉庫での検品や修理も担い、荷主企業の効率的な物流を支えています。さらに、NVOCC業者として、日本各地の港と中国・東南アジアを始めとした世界各国を結び多様なサービスを組み合わせ、それぞれの顧客に最適な物流ソリューションを提供しています。
URL: https://www.kambara-logistics.com/ 
代表取締役:宮﨑 裕司
事業内容:通関業、倉庫業、貨物自動車運送業、貨物利用運送業、船舶代理店業
創業:1978年(昭和53年)
資本金:3,000万円
従業員:128人(2022年1月時点)
支店・事業所:阪神事務所
取扱貨物の実績:アパレル、雑貨、造船資機材、各種機械装置、危険品貨物

■信永海運株式会社について
https://www.shinyei-ship.co.jp/
代表取締役社長:長島 啓浩
創業:1978年
資本金:7千500万円
本社所在地:東京都港区芝公園
事業内容:複合一貫輸送業
仙台、東京、横浜、清水、名古屋、大阪、神戸、門司(北九州)、博多、那覇
10港のCFSからアジア向けを中心に輸出混載サービスを展開。危険品混載を強みとし
混載輸出や輸入混載など幅広いサービスネットワークを構築

- 本件に関するお問い合わせ先 -
神原ロジスティクス株式会社 物流営業部
TEL:084-981-1723

信永海運株式会社 営業部
担当者:安倍川様
TEL:03-5405-6255