ツネイシクラフト&ファシリティーズ  旅客船「SEA BASS ACE」引渡

2021年10月20日

ツネイシクラフト&ファシリティーズ

[製品]

ツネイシクラフト&ファシリティーズ  旅客船「SEA BASS ACE」引渡

記念撮影

 ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(本社:広島県尾道市浦崎町1471番地8、代表取締役社長:神原潤、以下TFC)は、東京汽船株式会社向け、19総トン型アルミ合金製旅客船「SEA BASS ACE」を竣工し、10月4日(月)に境ガ浜マリーナにて引渡式を行いました。本船は、TFC社員が見守る中、横浜港に向けて出航しました。

 今回竣工した「SEA BASS ACE」は、2020年7月に引渡した「SEA BASS ZERO」に続く、横浜港の海上交通船として、山下公園~ピア赤レンガ~みなとみらい21(ぷかりさん橋)~横浜駅東口(横浜ベイクォーター)を結ぶ海の上の水上バスとして活躍する予定です。大岡川や横浜駅東口水路に架かる低い橋桁の下を航行可能なエアードラフトと浅瀬でも離着岸が可能な喫水(船の水面以下に沈んでいる深さ)を両立し、客室頂部デッキ(遊歩甲板)には起倒式のハンドレールを備えています。
Anti-Rolling Gyro(減揺装置)の採用により、浅喫水船ながら横揺れの少ない快適な乗り心地を追求しています。また、交通バリアフリー法に対応し、高齢者や身体障害者の方々の観光地への移動負担低減を図っています。

■本船の概要
船名:「SEA BASS ACE」
船質及び構造:耐食アルミニウム合金製
全長×船幅×深さ:約18.90m×4.60m×1.25m
総トン数:19トン
主機関:連続最大出力 250kw ×3,400min-1 ×2基
速力:航海速力 15kt以上
最大搭載人員:75名(旅客73名、乗組員2名)
建造工場:ツネイシクラフト&ファシリティーズ浦崎クラフト工場

■ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
アルミ船建造および修繕のクラフト事業・総合建設事業・救命艇事業を行っています。事業を通じて海上交通や暮らしの安全性、快適性を追及することで人々に快適な暮らしを提供し、未来と調和した新たな取り組みに挑戦しています。
URL:http://tsuneishi-fc.com/
代表取締役社長:神原 潤
事業内容:アルミ(軽合金)製船舶建造・修理、総合建設業、救命艇保守点検
設立:2010年12月
資本金:5,000万円
従業員数:57人(2021年1月1日時点)
建造実績船種:旅客船、漁業取締船など
関連会社:株式会社ティエフシー http://touhoku-fc.com/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
経営管理部
TEL:0848‒73‒5282 FAX:0848‒73‒5323