「第57回(2016年)BCS賞」表彰式に出席 ~ Ribbon Chapel が受賞 ~

2016年11月25日

ツネイシホールディングス

[企業動向]

「第57回(2016年)BCS賞」表彰式に出席 ~ Ribbon Chapel が受賞 ~

「第57回(2016年)BCS賞」受賞 記念プレート

「第57回(2016年)BCS賞」(主催:一般社団法人日本建設業連合会)の表彰式がパレスホテル東京で11月24日(木)行われ、ツネイシホールディングス株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:神原宏達)が所有するRibbon Chapelに受賞の記念プレートが贈られました。

BCS賞は、国内の良好な建築資産の創出を図り、文化の進展と地球環境保全に寄与することを目的に毎年、優秀な建築作品を表彰するものです。デザインだけでなく施工技術も重要とし、建築主、設計者、施工者の三者による理解と協力が必要であるとの思想に基づき、環境および建築物の運用、維持管理などに関する総合評価により選出されます。

ツネイシホールディングスでは、瀬戸内の豊かな自然、美しい景色や文化を活かしながら、次世代へと続く新たな地域資源を創出することを目的に、地域貢献に取り組んでいます。今回の「第57回BCS賞」の受賞は、当社の地域形成や地域環境づくりへの取り組みが高く評価されたことによるものです。

■ Ribbon Chapel
建築家の中村拓志氏が代表を務めるNAP建築設計事務所の設計により、2013年12月に竣工した礼拝堂。現在は主に“ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道”結婚式用のチャペルとして使われています。2つの螺旋階段がリボンのように寄り添い、結び合いながら頂部で滑らかに繋がる構成で、互いに支え合うことで自立する結婚の結び合いを象徴しています。頂部は瀬戸内の島並みを360度眺めることが可能な展望台となっており、別々の人生を歩んでいた2人が、1本の運命の糸の上にいたことを実感できます。
日本商環境設計家協会JCD賞2014大賞、LEAF賞大賞も受賞しています。

所在地:広島県尾道市浦崎町大平木1344番地2
建築主:ツネイシホールディングス株式会社
設計者:中村拓志& NAP建築設計事務所
構造・設備:ARUP
施工者:株式会社 ピーエス三菱
延床面積:72.2平方メートル
階数:地上1階
構造:鉄骨造
竣工日:平成25年12月

-本件に関する問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
CSV本部-CSV推進部-マーケティングコミュニケーショングループ
pr@tsuneishi.com
本社福山市  TEL:084-987-4915
東京オフィス TEL:03-3264-7733