常石造船、LPG運搬船を初受注

2022年3月3日

常石造船

[製品]

常石造船、LPG運搬船を初受注

常石造船が初のLPG運搬船を受注

 常石造船株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:奥村幸生 以下、当社)は国内船主と、当社にとって初のLPG運搬船(4隻)の建造契約を締結しました。2023年に常石工場で1番船を竣工する予定です。

 契約したLPG運搬船は、貨物タンク容量5,000m3、全長約99m、幅17.6m、深さ8mです。推進抵抗を低減する船体形状や最新主機の搭載により、5,000m3 LPG船クラスの汎用的な主寸法を踏襲しつつ、CO₂の排出規制であるEEDI(※1)フェーズ3をクリアしています。加えてSCR(※2)を搭載することで窒素酸化物排出三次規制(NOx Tier3)に対応した、推進・環境性能に優れたエコシップです。

 LPG運搬船建造において重要な貨物タンク及び関連システムの設計・建造に関しては、豊富な実績を持つ三井E&S造船株式会社(本社:東京都中央区築地5丁目6番4号、代表取締役社長:船津勇氏)と協業しており、両社の知見を合わせることで経済性と環境負荷軽減の両立を実現する船舶を建造します。

※1 EEDI:Energy Efficiency Design Index(エネルギー効率設計指標)。国際海事機構(IMO)による、新造船を対象としたCO₂の排出量削減に関する国際条約。

※2 SCR: Selective Catalytic Reduction(選択触媒還元)。エンジンで生成されたNOxを、NOx三次規制の要件を満足するレベルにまで低減する排ガス処理装置。

LPG運搬船の主要目
全長×幅×深さ:約99m × 17.6m × 8m
貨物タンク容量:5,000㎥
喫水:6.1m
総トン数:4,800

■常石造船株式会社
2017年に100周年を迎えた常石造船(広島県福山市)は、造船・海運業を中心に事業展開する常石グループの中核会社で、船舶の建造と修繕を営んでいます。国内の常石工場(本社)とフィリピン、中国の海外工場を拠点に、ばら積み貨物船、コンテナ船、タンカーなどを建造しています。
URL:https://www.tsuneishi.co.jp/
代表取締役社長: 奥村 幸生
事業内容:船舶の建造、修繕
創業:1917年(大正6年)7月
資本金:1億円
従業員:838人(2021年12月時点)
事業拠点:常石工場(広島県福山市)

造船事業関連会社:
TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (CEBU), Inc.(フィリピン・セブ島)
http://www.thici.com/
常石集団(舟山)造船有限公司(中国・浙江省)
http://www.tsuneishi-zs.com/
常石鉄工株式会社(広島県福山市)
https://www.tsuneishi-iw.jp/
常石商事株式会社(広島県福山市)
https://www.tsuneishi-trading.co.jp/
常石エンジニアリング株式会社(広島県福山市)
http://www.tsune-e.com/
株式会社三保造船所(静岡県静岡市)
http://www.mihozosen.co.jp/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
広報部
TEL : 084-987-4915
メール : pr@tsuneishi.com