常石造船株式会社と三井E&S造船株式会社(商船事業)の資本提携に関するお知らせ

2021年4月23日

常石造船

[企業動向]

 常石造船株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:奥村幸生 以下、当社)は、株式会社三井E&Sホールディングス(本社:東京都中央区築地5丁目6番4号 代表取締役社長:岡良一氏 以下、三井E&S HD)と、2020年7月31日付「常石造船 三井E&S造船(商船事業)との資本提携に関し三井E&Sホールディングスと協議開始」、同年12月24日付「三井E&S造船(商船事業)の株式の一部譲渡に係る協議状況についてのお知らせ」及び2021年3月29日付「常石造船と三井E&S造船(商船事業)との資本提携に係る「最終契約締結に向けた合意書」締結のお知らせ」で公表いたしましたとおり、艦艇事業等を除いた商船事業を主な事業とする三井E&S造船株式会社(本社:東京都中央区築地5丁目6番4号 代表取締役社長:船津勇氏 以下、MES-S)の株式の一部譲受け(以下、本取引)に向けて、協議・交渉を進めてまいりましたが、本日をもって合意に達し、株式譲渡契約書を締結いたしましたので、お知らせいたします。
 本取引の対象は、艦艇事業等を除いた、商船事業及び一部の子会社・関連会社を有するMES-Sの株式となります。当社は、本取引により、MES-Sの発行済み株式の49%を取得します。
 なお、本取引については、当社における競争法に基づく関係当局の承認の取得等を条件として実施する予定です。

1.本取引の背景
 当社は2018年5月7日にMES-Sと商船事業分野の業務提携契約を締結し、設計開発力やコスト競争力の強化等に協力して取り組んで参りました。
 本取引によりこれまでの業務提携を更に深化することで、当社及びMES-Sは互いの設計力、研究開発力及びグローバル生産能力などをより一層相互活用し、競争力を強化することで持続的な成長を実現する考えです。

2.本取引の概要
 本取引の対象は、艦艇事業等を除いた、商船事業及び子会社・持分法適用関連会社を有するMES-Sの株式の49%となります。
 具体的には、MES-Sの子会社である新潟造船株式会社(本社:新潟県新潟市 代表取締役社長:岩松安則氏 以下、新潟造船)及びMES由良ドック株式会社(本社:和歌山県日高郡 代表取締役社長:山口博美氏 以下、由良ドック)、並びに、持分法適用関連会社である江蘇揚子三井造船有限公司(本社:中国江蘇省太倉市 社長:宋書明氏 以下、YAMIC)となります。

3.今後の展望
 MES-Sとの関係を強化することで先端技術を活用した取り組みを加速し、顧客へ提供する付加価値向上を目指します。研究開発など幅広い分野で常石造船の新たな強みを創出し、常石造船のビジョン「期待の先へ、変革を恐れず舵を切る」を実現します。

 研究開発…MES-Sとの協業により、GHG(温室効果ガス)削減のための次世代燃料船の開発を加速したい考えです。またデジタル技術による自動運航船の研究や、船舶の推進性能向上に向けた研究の実施、実用化してゆきます。
 小型船事業…新潟造船と常石グループの三保造船所による共同設計や船台融通などの実施を目指し、競争力を強化する考えです。

4.常石造船の概要
(1) 名称:常石造船株式会社
(2) 所在地:広島県福山市沼隈町常石1083
(3) 代表者の役職・氏名:代表取締役社長 奥村 幸生
(4) 事業内容:船舶の建造、修繕
(5) 資本金:100百万円
(6) 設立年月日:2011年1月4日
(7) 大株主及び持株比率:ツネイシホールディングス株式会社 100%

5.相手先(三井E&S造船、新潟造船、由良ドック)の概要
① 三井E&S造船
(1) 名称:三井E&S造船株式会社
(2) 所在地:東京都中央区築地5丁目6番4号
(3) 代表者の役職・氏名:代表取締役社長 船津 勇
(4) 事業内容:船舶、艦艇、エアクッション艇、および関連機器・装置などの設計、製作、建造、エンジニアリング、修理・保守業務、建設・据付など
(5) 資本金:100百万円
(6) 設立年月日:2017年5月22日
(7) 大株主及び持株比率:株式会社三井E&Sホールディングス 100%

② 新潟造船
(1) 名称:新潟造船株式会社
(2) 所在地:新潟県新潟市中央区入船町四丁目3776番地
(3) 代表者の役職・氏名:代表取締役社長 岩松 安則
(4) 事業内容:船舶建造、船舶修理、鋼構造物の製作
(5) 資本金:300百万円
(6) 設立年月日:2003年4月1日
(7) 大株主及び持株比率:三井E&S造船株式会社 100%

③ 由良ドック
(1) 名称:MES由良ドック株式会社
(2) 所在地:和歌山県日高郡由良町大字網代193-13
(3) 代表者の役職・氏名:代表取締役社長 山口 博美
(4) 事業内容:船舶修理、鉄鋼構造物製作、水中点検(RTV)調査
(5) 資本金:200百万円
(6) 設立年月日:1988年10月1日
(7) 大株主及び持株比率:三井E&S造船株式会社 100%

【本日、株式譲渡契約締結に関するプレスリリースを、三井E&S HDも発表しています。】

以上

■常石造船株式会社
2017年に100周年を迎えた常石造船(広島県福山市)は、造船・海運業を中心に事業展開する常石グループの中核会社です。国内の常石工場(本社)とフィリピン、中国の海外工場を製造拠点に、ばら積み貨物船、コンテナ船、タンカーなどを建造しています。
URL:https://www.tsuneishi.co.jp/
代表取締役社長: 奥村 幸生
事業内容:船舶の建造、修繕
創業:1917年(大正6年)7月
資本金:1億円
従業員:869人(2020年12月時点)
事業拠点:常石工場(広島県福山市)
造船事業関連会社:
TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (CEBU), Inc.(フィリピン・セブ島)
http://www.thici.com/
常石集団(舟山)造船有限公司(中国・浙江省)
http://www.tsuneishi-zs.com/
ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.(パラグアイ・セントラル州ビリェタ市)
http://www.tsuneishi.com.py/
常石鉄工株式会社(広島県福山市)
https://www.tsuneishi-iw.jp/
常石商事株式会社(広島県福山市)
https://www.tsuneishi-trading.co.jp/
常石エンジニアリング株式会社(広島県福山市)
http://www.tsune-e.com/
株式会社三保造船所(静岡県静岡市)
http://www.mihozosen.co.jp/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
広報部
TEL : 084-987-4915
メール : pr@tsuneishi.com