第七 千年丸 A重油 海上流出事故について

2022年5月17日

ツネイシCバリューズ

[調査・報告]

 5月16日午前8時30分ごろ、ツネイシCバリューズ株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:津幡靖久)の油槽所(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083常石造船 修繕工場構内)にて、着岸中の自社所有船「第七 千年丸」にA重油およびLPガス積み込み作業中、充填中のA重油が吹きこぼれ、数十リットルが付近の海上に流出しました。

 事故発生後、ただちに尾道海上保安部および福山地区消防組合消防局に通報し、約20名の人員を投入、速やかに吸着マットを使用した海面浮上油の回収および油処理剤の投入を行い、浮上油拡大防止のため修繕工場R5岸西側へ50mオイルフェンス展張を実施しました。
 現在、除去作業は概ね完了し、今後、数日にわたり経過観察と除去作業を継続し、被害拡大の防止に取り組んでまいります。

 また、通報後に到着した尾道海上保安部および福山地区消防組合消防局の現場検証に全面協力し、原因究明にあたるとともに、再発防止に努めてまいります。

 なお、油槽所の運営は通常に行っており、供給への影響はございません。

 近隣にお住まいのみなさま、お客様はじめ関係者の皆さまには、多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 弊社では、一刻も早く原因究明を行い、このような事故が無いよう安全対策を徹底し、再発防止に万全を期して参ります。この度は、誠に申し訳ございませんでした。

ツネイシCバリューズ株式会社
コーポレートサイト▶ https://www.tsuneishi-cv.jp/
代表取締役社長 : 津幡靖久
創業 : 1952年5月
資本金 : 1億円
従業員数:239人(2022年3月時点)

― 本件に関するお問い合わせ先 ―
ツネイシホールディングス株式会社
広報部
pr@tsuneishi.com
TEL:084-987-4915