神原ロジスティクスで業務効率化に効く文章作成セミナーを開催

2021年6月24日

神原ロジスティクス

[企業動向]

神原ロジスティクスで業務効率化に効く文章作成セミナーを開催

オンラインで開催した文章作成セミナー

 神原ロジスティクスは6月9日、物流専門誌「カーゴニュース」記者の石井真理氏を講師に招き、日本通関業連合会、神戸通関業会の方々にも協力いただき、神戸税関官署内で活躍する女性通関士などおよそ200人を対象に通関業務などビジネスに役立つ文章作成セミナーをオンラインで開催しました。

 セミナーでは、通関士の不足や通関業務の複雑化などで肥大化する業務の効率化が重要であることや、メールや社内文書などビジネスコミュニケーションの効率化のための標準化、デジタル化に向けた具体的なアドバイスがありました。

 今回のセミナーを主催した、福山女性通関士会の会長を務める神原ロジスティクス物流営業部 片岡課長は、「日頃からメールやチャットは便利である一方、伝え方によっては誤解を招きかねないこともあるため、どうすれば専門性の高い情報を的確に伝えられるかを考えていました。今回のセミナーを通じて、自社を含めた地域で活躍する通関士が、お客さまや税関とのコミュニケーションの質を高め、それぞれの職場で業務の効率化が進むことを期待しています」と話します。

 セミナーの参加者からは、「日頃感じていることを整理して伝えてもらったおかげで、課題を明確に把握することができた」、「社内でもなかなか聞けない事を教えてもらった」、「なるほど!と思うことが多くあったのですぐに実践します」などの感想をいただきました。

 神原ロジスティクスの通関業務を担当する通関課の社員9人のうち7人※は女性で、事業の持続的成長のために女性通関士の活躍促進と育成を重視しています。2012年からは毎年、日本通関業連合会が主催する全国女性通関士会議に社員を派遣するなど、業界の最新情報の収集や、他社とのネットワーク構築による実務の円滑化、社員のモチベーション向上を支援しています。

※ 通関士資格の保有者と非保有者を含む

■神原ロジスティクス株式会社について
1978年設立の前身企業、常石ポートサービスより継承した物流事業を展開しています。海上輸送、通関、倉庫保管のほか、国内の陸上輸送など総合的な物流サービスを提供。倉庫から店舗へのジャストインタイム納入や、倉庫での検品や修理も担い、荷主企業の効率的な物流を支えています。さらに、NVOCC業者として、日本各地の港と中国・東南アジアを結び多様なサービスを組み合わせ、それぞれの顧客に最適な物流ソリューションを提供しています。
URL:http://kambara-logistics.com/
代表取締役:宮﨑 裕司
事業内容:通関業、倉庫業、貨物自動車運送業、貨物利用運送業、船舶代理店業
創業:1978年(昭和53年)
資本金:3,000万円
従業員:128人(2021年1月時点)
支店・事業所:阪神事務所
取扱貨物の実績:アパレル、雑貨、造船資機材、各種機械装置

- 本件に関するお問い合わせ先 -
神原ロジスティクス株式会社 総務部
TEL:084-981-2180