備後商船 福山市常石港にサーマルカメラを導入

2020年11月24日

備後商船

[サービス]

備後商船 福山市常石港にサーマルカメラを導入

福山市常石港の待合室に設置されたサーマルカメラ

備後商船株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:神原 潤)は、9月10に福山市常石港にサーマルカメラを導入しました。

導入したサーマルカメラは待合所に設置し、お客さまの体温が37.5℃を越える、または、マスクを着用していない場合、画面表示と警告音で知らせます。

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止策として乗船前に体温検査を行っていますが、サーマルカメラの導入によって、乗船にかかる時間を短縮できると期待しています。今後はフェリーに直接設置し、実証実験を行う予定です。

その他、換気や、広島コロナお知らせQRを導入するなど、新型コロナウイルス感染拡大予防を徹底しています。備後商船はこれからも利便性の高いサービスを目指すとともに、お客さまが安心して利用いただけるように努めてまいります。

■備後商船株式会社
福山市沼隈町と尾道市を結ぶ全長14.5kmの旅客船航路を運航。百島など瀬戸内海の離島を結び、地域に必要不可欠な交通インフラを支えています。

備後商船


代表取締役社長:神原 潤
事業内容::一般旅客定期航路事業(航路番号:中国364号)
創業:1964年11月
資本金:3,000万円
従業員:10人(2020年11月時点)

― 本件に関する問い合わせ先 ―
備後商船株式会社
〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地
TEL:084-987-2711 / FAX:084-987-2710