ツネイシブルーパイレーツ、“第47回JABA四国大会”と“第61回 JABA岡山大会”に出場、惜しくも予選敗退

2018年4月19日

ツネイシホールディングス

[その他]

ツネイシブルーパイレーツ、“第47回JABA四国大会”と“第61回 JABA岡山大会”に出場、惜しくも予選敗退

惜しくも両大会とも予選敗退となった

 ツネイシブルーパイレーツ硬式野球部(本拠地:ツネイシスタジアム 広島県福山市藤江町638‐1 みろくの里内、部長:伏見 泰治)は4月5日から高知県の高知球場、春野球場にて開催された“第47回JABA四国大会”と、4月13日から岡山県倉敷市のマスカットスタジアム、倉敷市営球場にて開催された“第61回 JABA岡山大会”に連続出場し、両大会とも予選敗退となりました。

・松原勲監督のコメント
「応援していただいた皆様、誠にありがとうございました。両大会を終えて、勝ち切れなかった悔しさでいっぱいです。申し訳ありません。
 両大会ともチームの雰囲気は非常に良く、ミーティングのレベルもこれまでに無いほど高いものでした。ただ試合中に何度か、うまくいかない時に下を向く場面が見受けられたのが残念でした。野手陣には、本来の彼らの力からすると有り得ないレベルのミスもありました。もちろん結果に対する責任は私にありますので、改めてどんな時でも前を向き、チーム一丸で立ち向かうスタイルを徹底していきたいと考えています。
 収穫として、投手陣が高いパフォーマンスを発揮してくれました。特に先発の谷本憲哉投手、抑えの岡村英投手は強豪チーム相手にも通用する手応えを感じました。
 両大会での経験を活かし、これからも頑張ります。ご声援よろしくお願いいたします」
 
・JABA四国大会の結果
 vs 九州三菱自動車 3-5(負け)
 vs JR四国 4-1(勝ち)
 vs NTT東日本 0-2(負け)
 1勝2敗で予選敗退。

・JABA岡山大会の結果
 vs セガサミー戦 3-2(勝ち)
 vs JFE西日本戦 1-5(負け)
 vs 大阪ガス戦 6-8(負け) 
 1勝2敗で予選敗退。

■ツネイシブルーパイレーツ
http://tsuneishi-bp.com/
ツネイシホールディングスの社会人野球チーム。1971年に創部し、2018年に48年目を迎えます。今年は、「わっしょい!!~RISE TO THE CHALLENGE~」をスローガンに、悲願である都市対抗野球大会・日本選手権の本大会出場を果たすことを目標に活動しています。
部長:伏見 泰治 
監督:松原 勲
創部:1971年9月(昭和46年)
所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地
本拠地:ツネイシスタジアム(広島県福山市藤江町638-1 みろくの里内)

■ツネイシホールディングス株式会社
常石グループは1903年の創業以来、ばら積み貨物船やコンテナ船を建造する「常石造船」をはじめ、日中定期コンテナ航路など輸送サービスを提供する「神原汽船」、廃棄物の完全リサイクル化を目指す「ツネイシカムテックス」、より良いカーライフとエネルギーライフの実現を目指す「ツネイシCバリューズ」、地域に根差したサービスを提供する「ツネイシLR」など、造船事業、海運事業、環境事業、エネルギー事業、ライフ&リゾート事業の5つの事業分野で、世界経済の発展や地域社会の暮らしを支える製品、サービスを提供しています。

http://www.tsuneishi-hd.com/
代表取締役社長:神原 宏達
事業内容:造船事業、海運事業、環境事業、エネルギー事業、ライフ&リゾート事業を傘下に持つ持ち株会社

― 本件に関するお問い合わせ先 ―
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
TEL : 084-987-4915