常石造船 新ユニフォームの監修に長嶋りかこ氏、デザイナーに岩井良太氏を起用 - “これからの100年に向けて” 新しい仕事のあり方を表現する新時代のユニフォーム -

2018年3月27日

常石造船

[その他]

常石造船 新ユニフォームの監修に長嶋りかこ氏、デザイナーに岩井良太氏を起用 - “これからの100年に向けて” 新しい仕事のあり方を表現する新時代のユニフォーム -

常石造船 新ユニフォーム(Photo / Daisuke Mizushima)

 常石造船株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:河野健二)は、昨年の創業100周年を記念して一新したユニフォームに、国内外で活躍するグラフィックデザイナーの長嶋りかこ氏を監修、ファッションデザイナーの岩井良太氏をデザインとして起用しました。

 これまでの単なる「作業着」ではなく、“かっこよく”“着心地の良い”「ユニフォーム」にすることで、造船業界のイメージアップや働く方々のモチベーション向上につながるのでは、という想いから新進気鋭のデザイナー起用を決定。2015年春から約2年半に渡って従来品の改良を重ね、デザイン性だけでなく機能性、安全性にもこだわった、将来性と作業効率向上を兼ね備えた新しいユニフォームが誕生しました。

 デザインは造船工場でのダイナミックでタフな作業に合うよう、モダンでクラシカルなワークウェアをイメージ。胸元の刺繍やヘルメットにはオリジナルの“TSUNEISHI FONT”の社名が施されています。日々着用することでそれぞれの個性が出て、汚れさえも愛着を持てるようにと、素材は古くからワークウェアとして使われてきた綿100%のデニム素材に着目し、カイハラ株式会社と共に生地から共同開発。一本一本の糸を太くし生地の織り方を変えることで、従来品と比較して約2倍の強度と約1/2の密度の生地を実現しています。また、運動量を確保するため背中にはアクションプリーツ、ジャケットの裾はゆとりを持たせたシルエットにすることで、夏は風通しや肌離れが良く、冬はインナーを着込めるユニフォームとなっています。

 常石造船は創業100周年を機にコーポレートカラーをまとい、常に革新的で自由な発想で業界をリードし「常石造船の船づくり」に挑戦し続けます。

― 長嶋りかこ氏コメント ―
“居心地の良さ”を意識しました。もとは船員の暮らしの居心地の良さを作るというミッション(船内の空間やサイン計画)の延長線上のお話でした。ハードな陸の現場での“居心地の良さ”をどこに着地させるかを考え、機能性はもちろん、社員の方々が仕事を終えてもユニフォームをずっと着ているという現状をプラスに向かわせたいと考えました。今回セレクトされたデニム素材は経年劣化によるダメージが風合いになり、私服としても成立させることができ、しかも地元の産業でもあるこの素材は、多面的に居心地の良さを作れるのではないかと目論みました。ファッションデザイナーの岩井氏は素材に注目し日常着をデザインすることに長けているため、デザインをお願いしました。

― 岩井良太氏コメント ―
安全性、動きやすさ、快適さを念頭において、こういう作業着を着ていたらいいな、とできるだけシンプルに考えつつ、仕事をする方たちに寄り添ったものにしたいと考えていました。実際にユニフォームを着用される現場に足を運び、仕事風景や内容を見せていただいたのですが、とてもハードでスケールの大きな仕事をされていたので、プレッシャーもありました。あらゆるセクションの方が着用されるものなので、全体のバランスを見ることや安全面とデザインに関する仕様のすり合わせが特に大変でした。

■ 長嶋りかこ氏について
グラフィックデザイナー。
1980年生まれ。2014年にデザイン会社village(R)を設立。対象のコンセプトやメッセージの仲介となってその世界観と視覚情報をデザインする。ブランディング、建築のサイン計画、エディトリアルデザイン、パッケージデザインなどグラフィックデザインを基軸とした仕事を手がける。

■ 岩井良太氏について
AURALEE デザイナー。
さまざまなブランドでパタンナーやデザイナーを経験後、“自分たちが本当に良いと思う素材を追求する”と言うコンセプトを掲げた自身のブランド「AURALEE(オーラリー)」を設立。スポーツメーカー「デサント」が発信するアパレル「デサントポーズ」のデザイナーも兼任。

■ 常石造船株式会社について
2017年に100周年を迎えた常石造船(広島県福山市)は、造船・海運業を中心に事業展開する常石グループの中核会社です。国内の常石工場(本社)とフィリピン、中国、パラグアイの海外3工場を製造拠点に、3万トン~18万トン級のばら積み貨物船、コンテナ船、タンカー、客船などを建造しています。

URL:http://www.tsuneishi.co.jp/
代表取締役社長:河野 健二
事業内容:船舶の建造、修繕
創業:1917年(大正6年)7月
資本金:1億円
従業員:880 人(2017年12月時点)
事業拠点:常石工場(広島県福山市)

造船事業関連会社:
TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (CEBU), Inc.(フィリピン・セブ島)
http://www.thici.com/
常石集団(舟山)造船有限公司(中国・浙江省)
http://www.tsuneishi-zs.com/ 
ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.(パラグアイ・アスンシオン)
http://www.glocal-japan.com/southamerica/
株式会社三保造船所
http://www.mihozosen.co.jp/
常石鉄工株式会社(広島県福山市)
http://www.tsuneishi-iw.jp/
常石商事株式会社(広島県福山市)
http://www.tsuneishi-trading.co.jp/ 
常石エンジニアリング株式会社(広島県福山市)
http://www.tsune-e.com/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
TEL:084-987-4915