ツネイシブルーパイレーツ 2018年シーズン初の公式戦 ~第66回JABA松本滝蔵旗 兼 第54回JABA三浦芳郎旗争奪広島県大会~

2018年3月22日

ツネイシホールディングス

[その他]

ツネイシブルーパイレーツ 2018年シーズン初の公式戦 ~第66回JABA松本滝蔵旗 兼 第54回JABA三浦芳郎旗争奪広島県大会~

今シーズンオープン戦無敗で公式戦に臨むツネイシブルーパイレーツ

 ツネイシブルーパイレーツ硬式野球部(本拠地:ツネイシスタジアム 広島県福山市藤江町638‐1 みろくの里内、部長:伏見 泰治、以下TBP)は3月24日からやまみ三原市民球場にて開催される、“第66回JABA松本滝蔵旗 兼 第54回JABA三浦芳郎旗争奪広島県大会”に出場します。

 当大会は広島県社会人野球2018年シーズン初の公式戦であり、県内に拠点を置く8チームが出場し、トーナメント方式で優勝を競います。

・松原勲監督のコメント
「当大会の抽選が決まる前から選手たちには、「今年は優勝する」と繰り返し伝えてきました。シーズン初の大会で注目度も高く、昨年のベスト4を上回る優勝という結果を出して地域を盛り上げ、明るい話題を提供していきたいですね。今年度掲げている『接戦になった時にも、勝ち切る野球』を展開できるよう闘っていきたいと思います」

・林和宏キャプテンのコメント
「今シーズンはオープン戦も、常に全ての試合で勝つことに拘ってきました。結果として6勝1引き分けと負け無しで公式戦初戦を迎えます。キャプテンとして初めて臨む公式戦ですが、気負い過ぎず、気持ちは熱く、頭は冷静に試合に臨みたいですね。相手が必死で向かってきた時にこちらが身構えると相手のペースに飲まれてしまうので、常に自分たちのスタイルで試合に臨みます。チーム内は良い雰囲気で、流れに乗っている感覚があるので、このまま勝ち進みたいと考えています」

■ツネイシブルーパイレーツの試合予定
1試合目(雨天順延無しの場合):3月25(日)11:30~
2試合目(1試合目に勝ち、雨天順延無しの場合):3月26(月)11:30~
3試合目(2試合目に勝ち、雨天順延無しの場合):3月26(月)14:00~

■第66回JABA松本滝蔵旗 兼 第54回JABA三浦芳郎旗争奪広島県大会
期 日:2018年3月24(土)~3日間(雨天順延)
入場料:無料
会 場:やまなみ三原市民球場(組合せ表の若番チームを一塁側ベンチとする)

■ツネイシブルーパイレーツ
http://tsuneishi-bp.com/
ツネイシホールディングスの社会人野球チーム。1971年に創部し、2018年に48年目を迎えます。今年は、「わっしょい!!~RISE TO THE CHALLENGE~」をスローガンに、悲願である都市対抗野球大会・日本選手権の本大会出場を果たすことを目標に活動しています。
部長:伏見 泰治 
監督:松原 勲
創部:1971年9月(昭和46年)
所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地
本拠地:ツネイシスタジアム(広島県福山市藤江町638-1 みろくの里内)

■ツネイシホールディングス株式会社
常石グループは1903年の創業以来、ばら積み貨物船やコンテナ船を建造する「常石造船」をはじめ、日中定期コンテナ航路など輸送サービスを提供する「神原汽船」、廃棄物の完全リサイクル化を目指す「ツネイシカムテックス」、より良いカーライフとエネルギーライフの実現を目指す「ツネイシCバリューズ」、地域に根差したサービスを提供する「ツネイシLR」など、造船事業、海運事業、環境事業、エネルギー事業、ライフ&リゾート事業の5つの事業分野で、世界経済の発展や地域社会の暮らしを支える製品、サービスを提供しています。

http://www.tsuneishi-hd.com/
代表取締役社長:神原 宏達
事業内容:造船事業、海運事業、環境事業、エネルギー事業、ライフ&リゾート事業を傘下に持つ持ち株会社

― 本件に関するお問い合わせ先 ―
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
TEL : 084-987-4915