2017年浙江秀山マラソン大会“常石杯”が秀山島で開催、総勢1,000人が参加

2017年10月20日

常石集団(舟山)造船

[CSR]

2017年浙江秀山マラソン大会“常石杯”が秀山島で開催、総勢1,000人が参加

TZS参加者のみなさんで記念撮影

 常石集団(舟山)造船有限公司(所在地:中国浙江省舟山市岱山県秀山郷、総経理:奥村幸生、以下TZS)と岱山県秀山郷人民政府が主催する「2017年浙江秀山マラソン大会“常石杯”」が9月24日、舟山市秀山島で、開催され、中国全土から集まったマラソン愛好家、総勢1,000人あまりが参加しました。

 開幕式で、奥村総経理は「常石造船創業100周年という有意義な年に、地域社会と一体となり、2017年浙江秀山マラソン大会“常石杯”を迎えることができました。この大会も常石造船にならい100年に渡って続けられたらと思います。皆さん、怪我のないよう楽しんで完走できるよう、頑張ってください」と挨拶し、その後、参加者が一斉にスタートを切りました。  

 綺麗な秀山島の緑いっぱいの田園、美しい山、青緑色の海の景色に触れながら、参加者全員が完走することができました。元中国代表としてオリンピックに出場した選手の参加もあり盛り上がると共に、TZSの参加者は社員同士の親睦を深め、地域の人々と触れ合うよい機会となりました。

 浙江秀山マラソン大会“常石杯”は地域社会貢献の一環として2015年から開催され、今年で3回目となります。5キロ( 趣味ランニング)、12キロ(健康ランニング) 、16キロ(クロスカントリーランニング)の3つのコースがあり、参加者は自分の走りの実力に合わせたカテゴリに出場することができ、また、TZSの社員が大会の案内・誘導などのボランティアにより、大会運営をサポートしています。

 これからも、今回のように地域のみなさまが賑わい楽しめるイベントを継続的に行い、豊かな地域社会づくりを促進していきます。

<常石集団(舟山)造船有限公司> 
中国浙江省に位置する常石造船株式会社(本社:広島県福山市)の中国のグループ会社です。3万トン級から10万トン級のばら積み貨物船を中心に、年間30隻程度の建造能力を持ち、ばら積み貨物船のほかにも、コンテナ運搬船やタンカー、家畜運搬船なども建造しています。
URL:http://www.tsuneishi-zs.com/

■事業内容 :船舶の建造
■設 立  :2003年12月
■従業員  :約4,300人(2016年12月時点、協力会社含む)
■所在地  :中国浙江省舟山市岱山県秀山郷箬跳村
■敷地面積 :約130万平方メートル
■主要設備 :船台2基、建造ドック1基、700トン門型クレーン2基、3,000トン級海上クレーン1基など
■建造実績船型:ばら積み貨物船、コンテナ運搬船、タグボート、家畜運搬船など

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
CSV本部 マーケティングコミュニケーション部
+81-84-987-4915
pr@tsuneishi.com