2017年4月5日、6万トン級バルカーの進水式をライブ中継〜常石造船 広島県福山市 常石工場 第一船台

2017年3月24日

常石造船

[告知・募集]

2017年4月5日、6万トン級バルカーの進水式をライブ中継〜常石造船 広島県福山市 常石工場 第一船台

進水式イメージ

常石造船株式会社(本社:広島県福山市)では、2017年4月5日(水)午後4時より、6万トン級バルカーの進水式をインターネットでライブ中継します。

常石造船 常石工場 進水式ライブ中継
http://www.ustream.tv/channel/Tsuneishi 

※時間は変更する可能性がありますので、常石造船ウェブサイトでご確認ください。
http://www.tsuneishi.co.jp

常石造船 常石工場では、約2カ月に1度、進水式を実施しています。本船は、上部正面積を小さくしたタワー型及び隅切り形状を適用した居住区、船首上部の流線形状と組み合わせ、風圧抵抗を低減する新技術”AEROLINE”を適用しております。また船外の冷たい空気を直接取り入れることで主機の燃費を低減するFAIS(Fresh Air Intake System)を適用することで実海域における燃費性能を高めています。

5つの貨物倉を有しており、各貨物倉の倉口にはエンドフォールディングタイプのハッチカバーを装備しています。倉口サイズを極力大きくすることにより荷役効率向上を図っています。貨物は穀類、石炭及び鉄鉱石が積載可能であり、鉄鉱石のような高比重貨物はNo.1、3、5カーゴホールドに隔倉毎に積載可能となっています。補機排熱回収ボイラー、バラスト水処理装置の搭載など環境への配慮を図っています。

進水式の所要時間は約15分です。日本が誇る造船技術を結集した、迫力あるばら積み貨物船進水式の模様をこの機会にぜひご覧ください。

■式次第(15:50〜16:05)
1.開式の辞
2.国旗掲揚&国歌吹奏
3.本船命名
4.支綱御切断 餅撒き

■進水する船の概要
全長×船幅×深さ: 約200m x 32.26m x 18.60m
載貨重量トン数:  約63,700トン
総トン数:     約36,000トン
主機:       MAN-B&W 6S50ME-B9.5
航海速力:     約13.8knots
船種:       バルクキャリア

■進水式の見学に関するお問い合わせ
常石造船株式会社
総務部 総務グループ
TEL: 084-987-1101

■本件に関するお問い合わせ
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
本社福山市 TEL:084-987-4915