“ツネイシベースボールクリニック2015”に小・中学生ら160人が参加~ツネイシ硬式野球部

2016年1月18日

ツネイシホールディングス

[CSR] [企業動向]

“ツネイシベースボールクリニック2015”に小・中学生ら160人が参加~ツネイシ硬式野球部

“ツネイシベースボールクリニック2015”バッティング指導をする土生翔平選手

ツネイシホールディングス株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083)は、2015年12月27日(日)にツネイシスタジアムで“ツネイシベースボールクリニック2015”を開催しました。今回は、広島東洋カープの小窪哲也選手、野村祐輔選手、上本崇司選手、土生翔平選手、読売ジャイアンツの小林誠司選手5人を講師としてお招きし、ツネイシ硬式野球部の選手と一緒に、直接指導をしていただきました。

・ツネイシ硬式野球部:https://www.tsuneishi-g.jp/baseball/

一般公募を行ったところ約300人の申し込みがあり、抽選で選ばれた小学4年生から中学3年生の男女160人が参加しました。また、小学1年生から3年生を対象にしたキッズ教室も開催され、約100人の子どもたちが、ストラックアウトやバッティングの指導を受けました。さらに、参加者の保護者を対象にした2つのセミナーも開催。ツネイシ硬式野球部のチームトレーナー中山翔太さんによる「コンディショニングセミナー」および、公認スポーツ栄養士 市川麻美子さんによる「スポーツ栄養学」の講演も盛況で、それぞれ約80人が受講しました。天候にも恵まれたこの日は、一般の見学者を含め、総勢550人が集い、楽しい時間を過ごしました。

ツネイシベースボールクリニックは、ツネイシ硬式野球部が、福山市および尾道市の小中学生を対象に、地域貢献の一環として実施しており、今回が3回目の開催となりました。

■主催:ツネイシホールディングス株式会社 ツネイシ硬式野球部
■協賛:一般財団法人ツネイシみらい財団
■協力:常石鉄工株式会社
■後援:福山市教育委員会、福山市軟式野球連盟

■ ツネイシホールディングス株式会社
 https://www.tsuneishi-g.jp
常石グループは1903年の創業以来、ばら積み貨物船やコンテナ船を建造する常石造船をはじめ、日中定期コンテナ航路など輸送サービスを提供する神原汽船、廃棄物の完全リサイクル化を目指すツネイシカムテックス、地域に根差したサービスを提供するツネイシLRなど、造船事業、海運事業、環境・エネルギー事業、サービス事業の4つの事業分野で、世界経済の発展や地域社会の暮らしを支える製品、サービスを提供しています。

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーショングループ
pr@tsuneishi.com
本社福山市  TEL:084-987-4915