第7回常石CSV講演会「ダイバーシティが成長のキーワード」をテーマに株式会社イー・ウーマン代表取締役社長の佐々木かをり氏が講演

2015年12月15日

ツネイシホールディングス

[調査・報告]

第7回常石CSV講演会「ダイバーシティが成長のキーワード」をテーマに株式会社イー・ウーマン代表取締役社長の佐々木かをり氏が講演

第7回常石CSV講演会「ダイバーシティが成長のキーワード」

ツネイシホールディングス株式会社(本社:広島県福山市)は、2015年11月30日(月)に第7回常石CSV講演会を「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」のホールで開催。従業員をはじめ地元企業の社長など約100人が参加しました。

 ・常石グループ
 https://www.tsuneishi-g.jp

今回の講演では、「ダイバーシティが成長のキーワード」と題し、株式会社イー・ウーマン代表取締役社長の佐々木かをり氏をお招きしました。企業が成長していくうえで重要であるダイバーシティについて、多様性を受け入れるための物事の見かた、企業側や働く側が行動するべきことなどについて語っていただきました。

佐々木氏には、ダイバーシティの目的は、チーム(組織)の総合得点を高めることであるということをお話いただきました。その達成のためには、経営者が多様な組織を作るだけでなく、従業員1人1人が多様性を持つ必要があります。佐々木氏は、「従業員が働く意味を考え、会社が前進できるように自分の意見を発言し、生産効率を上げるために行動管理をできるようにすることが重要である」と語ります。また、「ダイバーシティの進んだ組織に貢献するためには、自分の意見を発言するだけでなく、他人の意見も聞き入れて一番いい結論を導き出す姿勢を持つことが大切になる」ということなど、多くのメッセージをいただきました。

参加者は、「わかりやすい内容で、強い組織を作るためのダイバーシティの重要性を感じることができました」「自分の意見を経営者側に伝えて会社に貢献できる人材になることだけでなく、多様性を受け入れて、従業員同士の横のつながりも強くすることも考えていこうと思います」などの感想が寄せられました。

常石CSV講演会では、「企業がビジネスを通じて企業価値と社会価値を同時に実現するCSV」について、実践的な取り組みの紹介を行っています。

■ ツネイシホールディングス株式会社
 https://www.tsuneishi-g.jp
常石グループは1903年の創業以来、ばら積み貨物船やコンテナ船を建造する「常石造船」をはじめ、日中定期コンテナ航路など輸送サービスを提供する「神原汽船」、廃棄物の完全リサイクル化を目指す「ツネイシカムテックス」、地域に根差したサービスを提供する「ツネイシLR」など、造船事業、海運事業、環境・エネルギー事業、サービス事業の4つの事業分野で、世界経済の発展や地域社会の暮らしを支える製品、サービスを提供しています。

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
CSV本部 マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
本社福山市  TEL:084-987-4915
東京オフィス TEL:03-3264-7733