常石集団(舟山)造船有限公司が、中国最大級の国際海事展「Marintec China 2015」に初出展“Challenge & Progress, TSUNEISHI”をコンセプトに事業紹介

2015年11月19日

常石集団(舟山)造船

[告知・募集]

常石集団(舟山)造船有限公司が、中国最大級の国際海事展「Marintec China 2015」に初出展“Challenge & Progress, TSUNEISHI”をコンセプトに事業紹介

常石集団(舟山)造船のブースイメージ

中国の舟山市を拠点とする常石集団(舟山)造船有限公司は、2015年12月1日(火)から4日(金)まで、上海の上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Center: SNIEC)で開催される国際海事展「Marintec China 2015」に、初めて出展します。“Challenge & Progress, TSUNEISHI”をコンセプトとしたブースやコミュニケーションで、挑戦を続ける姿をご紹介します。

・Marintec China 2015
http://www.marintecchina.com/en-us/

・常石集団(舟山)造船有限公司
 http://www.tsuneishi-zs.com/

常石集団(舟山)造船は、2003年の設立以来、常石造船と連携し、多様化する市場ニーズに応える船舶を提供しています。初出展する「Marintec China 2015」のブースでは、豊富な建造実績を持つ「ばら積み貨物船」や「コンテナ運搬船」に加え、ラインアップ拡大を目指して開発した新たな船型も紹介します。

出展ブースは2階建てを採用し、ゆったりとした商談スペースでお客様をお迎えします。新造船工場や新船型のプロモーション映像の上映に加え、会期期間中の12月1日~3日には毎日、プレゼンテーションイベントを開催し、事業概要やこれからの展望を紹介します。さらに、ゲストスピーカーとして、カーネギーメロン大学(米国)をお招きし、昨年から展開している常石造船とのロボティクスやIoT分野での共同開発活動についてお話しいただきます。

設立から13年目を迎えた常石集団(舟山)造船有限公司は、中国人リーダーやスタッフが最前線で活躍し、質の高い船づくりを実現しています。「Marintec China 2015」への出展を通じて、中国のみならず世界の海事関係者に、挑戦し前進し続けるスピリット“Challenge & Progress, TSUNEISHI”=「打破常識、前進“常石”」を届けます。

■Marintec China 2015 概要
会期:2015年12月1日(火)~4日(金)
会場:上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Center:SNIEC)
主催:UBM Asia Limited、上海市船舶与海洋工程学会

■常石集団(舟山)造船有限公司ブースの概要
出展場所:N1H11
展示内容:既存商品や新船型、新造船事業、船舶設計事業、研究開発活動

■プレゼンテーションイベント開催予定
・日時:12月1日~3日 毎日 午後2時~
・プログラム
1)常石集団(舟山)造船有限公司 事業紹介
 「中国における造船事業の展望 ~“Challenge & Progress, TSUNEISHI”~」
2)カーネギーメロン大学 共同研究紹介
 「常石造船とのロボティクス、IoT分野での最先端研究について」

<常石集団(舟山)造船有限公司> 
中国浙江省に位置する常石造船株式会社(本社:広島県福山市)の中国のグループ会社です。3万トン級~10万トン級のばら積み貨物船を中心に、年間30隻程度の建造能力を持ち、ばら積み貨物船のほかにも、コンテナ運搬船の建造を行っています。

URL:http://www.tsuneishi-zs.com/

■事業内容 :船舶の建造
■設 立  :2003年12月
■従業員  :約4,800人(2014年12月時点、協力会社含む)
■所在地  :中国浙江省舟山市岱山県秀山島
■敷地面積 :約130万平方メートル
■主要設備 :船台2基、建造ドック1基、700トン門型クレーン2基、3000トン級海上クレーン1基など
■建造実績船型:ばら積み貨物船、コンテナ運搬船、タグボート

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
CSV本部 マーケティングコミュニケーション部
TEL:084-987-4915
pr@tsuneishi.com