第5回常石CSV講演会は「未来を拓く資本主義とはなにか~これからの企業の地域社会における役割について考える~」をテーマにがコモンズ投信株式会社取締役会長の渋澤健氏が講演

2015年10月6日

ツネイシホールディングス

[調査・報告]

第5回常石CSV講演会は「未来を拓く資本主義とはなにか~これからの企業の地域社会における役割について考える~」をテーマにがコモンズ投信株式会社取締役会長の渋澤健氏が講演

コモンズ投信株式会社取締役会長 渋澤健氏

ツネイシホールディングス株式会社(本社:広島県福山市)は、2015年9月28日(月)「第5回常石CSV講演会」をベラビスタ スパ&マリーナ 尾道のホールで開催し、従業員をはじめ地元企業の社長など約80人が参加しました。

・常石グループ
https://www.tsuneishi-g.jp

今回の講演では、「未来を拓く資本主義とはなにか~これからの企業の地域社会における役割について考える~」と題し、日本資本主義の父といわれた澁澤栄一氏の5代目でもある、コモンズ投信株式会社取締役会長、公益財団法人 渋沢栄一記念財団執行理事の渋澤健氏を講師にお迎えし、澁澤栄一氏の思想を参考に、これからの時代を拓く企業経営のあるべき姿に加え、CSRやCSVについてもお話いただきました。

「論語と算盤」の「と」という言葉の持つ力。そして、「枠」を越えて、取り込む多様性の大切さ。澁澤栄一氏の言葉を過去の遺跡として残すのではなくて、未来の為のヒントが隠されていると考えるなど、「今日よりも、良い明日へ」のために多くのメッセージをいただきました。

講演に引き続き、ツネイシホールディングス末松弥奈子代表取締役専務とのパネルディスカッションが行われました。

常石CSV講演会は、企業がビジネスを通じて企業価値と社会価値を同時に実現するCSVについて実践する取り組みの紹介を目的に開催しています。次回第6回常石CSV講演会は、2015年10月19日(月)に「ハードルを越える」と題し、一般社団法人アスリートソサエティ代表理事の為末大氏の講演を予定しています。

■ ツネイシホールディングス株式会社
 https://www.tsuneishi-g.jp
常石グループは1903年の創業以来、ばら積み貨物船やコンテナ船を建造する常石造船をはじめ、日中定期コンテナ航路など輸送サービスを提供する神原汽船、廃棄物の完全リサイクル化を目指すツネイシカムテックス、地域に根差したサービスを提供するツネイシLRなど、造船事業、海運事業、環境・エネルギー事業、サービス事業の4つの事業分野で、世界経済の発展や地域社会の暮らしを支える製品、サービスを提供しています。

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
CSV本部 マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
本社福山市  TEL:084-987-4915
東京オフィス TEL:03-3264-7733
関連URL:http://www.tsuneishi.co.jp/