世界環境デー記念活動 ツネイシセブ財団が植樹活動を実施

2014年7月11日

TSUNEISHI FOUNDATION (CEBU)

[CSR]

世界環境デー記念活動 ツネイシセブ財団が植樹活動を実施

ボランティアスタッフ

TSUNEISHI FOUNDATION (CEBU), Inc.(ツネイシセブ財団、フィリピン・セブ島・バランバン町)は、世界環境デーの記念活動として6月21日、在フィリピンの常石グループ約120人のボランティアが参加し、地元バランバン町にある山林で1,500本の原生樹の苗木を植樹しました。
世界環境デーは、国際連合が環境への関心を高めるために1972年に制定した記念日で、毎年、世界各地で環境イベントが開催されています。世界環境デーの今年のテーマは「小島嶼(しょうとうしょ)開発途上国と気候変動」、公式スローガンは「海面を上げずに、声を上げよう」です。
「ツネイシセブ財団は、毎年、植樹などの環境保全活動を実施しています。これらの活動は従業員および地域社会のグローバル社会の一員であるという意識向上にもつながります」とツネイシセブ財団の河野仁至理事長は環境保全活動への意欲を示しました。

■TSUNEISHI FOUNDATION (CEBU), Inc.について
ツネイシセブ財団は、教育、医療、環境の3つを柱に地域社会の発展を目指し、2010年6月に設立しました。TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES(CEBU), Inc.(http://www.thici.com/)など在フィリピンの常石グループ会社7社からの寄付金を財源に、奨学金制度や産科施設の設置、植樹活動のほか災害支援活動を進めています。植樹活動では、これまでに延べ29,000本の苗木を植えました。
●ビジョン
市民の真の自由と豊かさを目指します。これらは努力と忍耐会をもって成し遂げられるもので、政府と非政府組織およびツネイシセブ財団からの、さまざまな支援を提供することで実現します。
●主な活動
【教育】奨学金制度:高校、大学
    環境整備:校舎新設、設備再生、年間の施設メンテナンス
【基本医療および子どもへの支援】
    日常医療、健康意識の浸透、産科施設、医療および歯科検診の提供など
【環境】山林の植樹・育樹、苗木の育成、マングローブの植樹
【その他】寄付、災害支援など

■TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (CEBU), Inc.について
2014年に設立から20周年を迎えるフィリピン・セブ島にある常石造船株式会社(本社:広島県福山市)の海外グループ会社です。3万トン級~18万トン級のばら積み貨物船を中心に、年間約20隻を建造し、協力会社を含め、従業員数は1万人を超えるフィリピン有数の造船所です。Philippine Economic Zone Authority(PEZA、フィリピン経済特区庁)より、輸出事業におけるフィリピン経済の成長への貢献や、地域の発展に貢献するCSR活動で功績を認められ、優秀輸出企業賞と優秀地域プロジェクト企業賞をこれまでに3度受賞しています。
URL:http://www.thici.com/
事業内容:船舶の建造および修繕
設立:1994年9月
従業員:約13,000人(協力会社社員含む)
所在地:フィリピン共和国 セブ島 バランバン
    Buanoy, Balamban, Cebu, Philippines 6041
敷地面積:約147万平方メートル
主要設備:船台2基、建造ドック1基、3000トン級海上クレーン1基など
建造実績船種:ばら積み貨物船、自動車運搬船
関連会社:
常石造船株式会社
http://www.tsuneishi.co.jp
常石集団(舟山)造船有限公司
http://www.tsuneishi-zs.com/
TSUNEISHI TECHNICAL SERVICES (PHILS.), Inc.
http://www.tsuneishi-tech.com/

常石グループニュースセンターでは、常石グループの事業活動や、国内外のCSRの活動など幅広くタイムリーに情報発信しています。
▼常石グループニュースセンター
https://www.tsuneishi-g.jp/english/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
本社福山市  TEL:084-987-4915