ツネイシホールディングス 株式会社三井住友銀行より「SDGs推進融資」を受けました

2022年9月30日

ツネイシホールディングス

[企業動向]

ツネイシホールディングス 株式会社三井住友銀行より「SDGs推進融資」を受けました

 ツネイシホールディングス株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:神原宏達)は、以下の事業を通じてSDGsの目標達成に向けた貢献が期待できると評価され、株式会社三井住友銀行(本店:東京都千代田区丸の内一丁目1番2号、頭取CEO:髙島 誠、以下、三井住友銀行)が提供する「SDGs推進融資」を受けました。

 「SDGs推進融資」は、融資実行時に、三井住友銀行と株式会社日本総合研究所(本社:東京都品川区東五反田2丁目18番1号、代表取締役社長:谷崎 勝教)が、企業のSDGs(※)に関する現状の取組状況を確認した上で、本業を通じたSDGs貢献への道すじ(ロジック)を分析し、SDGsの取組推進に向けたアドバイス等を提供いただける融資商品です。

 今回対象となりました以下に記す事業を通じて、SDGsの目標達成に向けた貢献が期待できると判断され、SDGs推進融資が実施されました。

【造船事業】
代替燃料船や低燃費船の開発・建造を通じた海運セクターにおけるCO2排出削減への貢献、海外展開先における地域の学生に対する教育・就職支援

【海運事業】
海上輸送における航路や船速の最適化による船舶運航時のエネルギー消費効率の改善

【環境事業】
廃棄物処理・リサイクル事業や再エネ発電設備の設置による資源循環型の地域社会形成への貢献

今回のSDGs推進融資のアドバイス等を活かしながら、今後も常石グループ一丸となってSDGs達成に貢献できる様々な取組みを推進してまいります。

※SDGsとは
Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称。国連総会で採択された、新興国 だけでなく先進国等あらゆる国と地域が、貧困や平等、教育、環境等、「誰も取り残されない世界」の実現を2030年までに目指す17の目標と169のターゲットのことです。 

三井住友銀行のプレスリリースはこちら
https://www.smbc.co.jp/hojin/financing/sustainable/pdf/220930_05.pdf

― 本件に関するお問い合わせ先 ―
ツネイシホールディングス株式会社
広報部
pr@tsuneishi.com
TEL:084-987-4915