ツネイシクラフト&ファシリティーズ 世界初となる水素燃料フェリーを竣工

2021年7月12日

ツネイシクラフト&ファシリティーズ

[製品]

ツネイシクラフト&ファシリティーズ 世界初となる水素燃料フェリーを竣工

竣工した「ハイドロびんご(Hydro BINGO)」

 ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(本社:広島県尾道市浦崎町1471番地8、代表取締役社長:神原潤)は7月12日、水素混焼エンジン搭載 19総トン型アルミ合金製旅客船「ハイドロびんご(Hydro BINGO)」を竣工しました。

 本船は、水素と軽油の混焼エンジンを2機搭載した双胴船で、旅客の搭乗を目的とした世界初となる小型旅客船です。ベルギーのCMB社と共同開発したシステムにより、航行時に排出されるCO2など地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を大幅に削減したエコシップで、これまでのディーゼルエンジンと比較して、最大50%のCO2排出削減を実現しています。

 本船後部に可動式の水素貯蔵タンクを装備し、軽油と別のラインを通じてエンジンへ水素を供給して混焼する仕様となっているため、水素充填の設備が必要なく、水素を供給するための輸送または設置が容易です。また、IGF コードの機能要件および水素燃料特殊性を踏まえて作成された「水素燃料電池船の安全ガイドライン」(国土交通省HP掲載)に沿って水素・軽油二元燃料船の設計を反映した様々な水素燃料設備を有しており、日本小型船舶検査機構(JCI)の検査に合格しています。

 ツネイシクラフト&ファシリティーズでは、これまでに電気推進船など環境にやさしい船舶の開発と建造において実績を重ねており、培った技術を生かして水素燃料を活用する"ゼロ・エミッション船"の確立をめざし、新しい船舶の在り方を実現し続けます。

■「ハイドロびんご(Hydro BINGO)」の概要
船名:「ハイドロびんご(Hydro BINGO)」
船質及び構造:耐食アルミニウム合金製
全長×船幅×深さ:19.4m(LOA)×5.40m×1.75m
総トン数:19トン
主機関:連続最大出力 441kw(600PS) ×2,300min-1 ×2機
速力:航海速力 23kt
最大搭載人員:82名(旅客80名、乗組員2名)
建造工場:ツネイシクラフト&ファシリティーズ浦崎クラフト工場

■ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
アルミ船建造および修繕のクラフト事業・総合建設事業・救命艇事業を行っています。事業を通じて海上交通や暮らしの安全性、快適性を追及することで人々に快適な暮らしを提供し、未来と調和した新たな取り組みに挑戦しています。
URL:http://tsuneishi-fc.com/
代表取締役社長:神原 潤
事業内容:アルミ(軽合金)製船舶建造・修理、総合建設業、救命艇保守点検
設立:2010年12月
資本金:5,000万円
従業員数:54人(2021年1月1日時点)
建造実績船種:旅客船、漁業取締船など
関連会社:株式会社ティエフシー http://touhoku-fc.com/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
経営管理部
TEL:0848‒73‒5282 FAX:0848‒73‒5323