常石造船 新造船建造を担う常石工場が、労働安全衛生マネジメントシステム「ISO45001」の認証取得

2019年1月30日

常石造船

[企業動向]

常石造船 新造船建造を担う常石工場が、労働安全衛生マネジメントシステム「ISO45001」の認証取得

一般財団法人日本海事協会 髙野裕文 常務執行役員(左)と当社 芦田琢磨 取締役常石工場長

 常石造船株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:河野健二) 常石工場(取締役常石工場長:芦田琢磨)は、1月17日付けで一般財団法人日本海事協会(以下、日本海事協会)より労働安全衛生マネジメントシステム「ISO45001」の認証を取得しました。

 常石造船 常石工場は「安全は全てに優先する」とした安全衛生方針の基本理念の下、安全な職場環境の構築を推進してきましたが、当工場で働く人すべてが安全への感受性を高く保ち、慣れや仕組みの形骸化を継続的に見直すことで業務に邁進できるよう、このほど認証の取得に至りました。ISO45001は、既に取得しているISO9001(品質マネジメントシステム)およびISO14001(環境マネジメントシステム)と規格が共通しており、今後統合したマネジメントシステムとしての運用へ向け、効率化を図っていきます。

 常石造船は今後も社員の意識向上も含めた職場の安全を第一に考え、他工場についても本認証の順次取得を目指して取り組みます。

■常石造船株式会社
2017年に100周年を迎えた常石造船(広島県福山市)は、造船・海運業を中心に事業展開する常石グループの中核会社です。国内の常石工場(本社)とフィリピン、中国、パラグアイの海外3工場を製造拠点に、3万トン~18万トン級のばら積み貨物船、コンテナ運搬船、タンカー、客船などを建造しています。

URL:http://www.tsuneishi.co.jp/
代表取締役社長:河野 健二
事業内容:船舶の建造、修繕
創業:1917年(大正6年)7月
資本金:1億円
従業員:880人 (2017年12月時点)
事業拠点:常石工場(広島県福山市)
造船事業関連会社:
TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (CEBU), Inc.(フィリピン・セブ島)
http://www.thici.com/
常石集団(舟山)造船有限公司(中国・浙江省)
http://www.tsuneishi-zs.com/
ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.(パラグアイ・セントラル州ビリェタ市)
http://www.glocal-japan.com/southamerica/
株式会社三保造船所(静岡県静岡市)
http://www.mihozosen.co.jp/
常石鉄工株式会社(広島県福山市)
http://www.tsuneishi-iw.jp/
常石商事株式会社(広島県福山市)
http://www.tsuneishi-trading.co.jp/
常石エンジニアリング株式会社(広島県福山市)
http://www.tsune-e.com/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
TEL:084-987-4915