2017年度下半期助成事業の募集を開始[募集期間4月1日-4月30日まで]

2017年4月18日

ツネイシみらい財団

[告知・募集]

2017年度下半期助成事業の募集を開始[募集期間4月1日-4月30日まで]

地域の活性・発展に寄与する団体に支援

 一般財団法人ツネイシみらい財団(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表理事:伏見泰治)は、2017年度下半期のツネイシみらい財団助成事業の募集を2017年4月1日(土)より開始しました。

 福山市・尾道市・三原市などを中心とした広島県東部備後地区の事業を対象に、『子どもの健全育成』『地域の活性化』『文化伝統支援』の3つを柱に、市民・行政・企業が協働したまちづくりと子どもの健全育成を通じて、地域の活性化と豊かな市民生活の実現に寄与することを目的とした事業に対し支援をします。募集カテゴリーは、『イベント支援』『運営支援』『スタートアップ支援』の3つに分類し、募集期間を2017年4月1日(土)から4月30日(日)までの1カ月間とし、同財団のウェブサイトで募集します。

▼2017年度下半期ツネイシみらい財団助成事業応募要項概要
http://www.tsuneishi-mirai.or.jp/sien/oubo.html
※4月1日より応募受付中

募集対象は、2017年7月1日から12月31日までの期間に開始する事業が対象となり、備後地域で行われる子どもの健全育成を支援するスポーツ・教育への取組みや、地域の伝統文化・伝統産業の発展・継承に関わる取組みについて優先的に助成します。助成額は、『イベント支援』『運営支援』で1件あたりの助成金上限2,000万円、『スタートアップ支援』で1件あたりの助成金上限を50万円として予定しています。助成期間は原則1年間です。2016年度の助成対象件数は25件で、2017年度の助成対象件数は30件を予定しています。

一般財団法人ツネイシみらい財団は、今後も備後地区の活性、発展に寄与することを目的に助成団体に支援を行っていきます。

■ 2017年度下半期ツネイシみらい財団助成事業応募要項 概要
1.目的
市民・行政・企業が協働したまちづくりと子どもの健全育成を通じて、地域の活性化と豊かな市民生活の実現に寄与することを目的としており、『子どもの健全育成』『地域の活性化』『文化伝統支援』を柱に、この目的に沿った事業の展開および支援を行う。

2.助成内容
(1)内容
○イベント支援:短期的な催し物や行事への支援
○運営支援:一定の目的を持って、年間を通じて継続的に運営する取組みへの支援
○スタートアップ支援:立上げて間もない団体に対し、活動を開始する初期段階への支援
(2)対象経費:助成事業の実施に必要な下記対象経費
人件費、諸謝金、旅費交通費、消耗品費、広告宣伝費、通信運搬費、賃借料 
※詳しくは「助成事業応募要項」をご確認ください
(3)助成額:対象経費の80%以内
 イベント支援、運営支援:1件あたりの助成金上限は2,000万円
 スタートアップ支援:1件あたりの助成金上限は50万円
(4)助成対象件数:2017年度 30件を予定
(5)助成対象活動:『子どもの健全育成』『地域の活性化』『文化伝統支援』に関わる下記活動
○講演会、教育、参加、体験、文化事業
○人材交流・ネットワーク促進事業
○調査および研究事業
○広報事業
○情報の収集および提供事業

3.応募資格
(1) 応募者の対象
財団法人・社団法人・社会福祉法人・NPO法人(特定非営利活動法人)・学校教育団体・ボランティア団体など非営利活動・公益事業を行う団体および任意の市民団体

■ 一般財団法人ツネイシみらい財団
http://www.tsuneishi-mirai.or.jp
所在地:〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地
代表理事:伏見泰治
常石グループは1903年の創業以来、地域に支えられ共に成長する企業として地域社会と一体となった社会貢献活動に取組んでいます。ツネイシみらい財団は常石グループの創業の理念に基づき、市民・行政・企業が協働したまちづくりと子どもの健全育成を通じて、地域の活性化と豊かな市民生活の実現に寄与することを事業目的とし2010年に設立しました。

<本件に関するお問い合わせ先>
一般財団法人ツネイシみらい財団
〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地
Tel:084-987-1657 Fax.084-987-3310
E-Mail: office@tsuneishi-mirai.or.jp