常石グループが2015年事業活動について4月22日に記者発表会を開催 ~造船、海運から、環境・エネルギー事業まで、グループ全体でグローバル化を加速

2015年4月23日

ツネイシホールディングス

[告知・募集]

常石グループが2015年事業活動について4月22日に記者発表会を開催 ~造船、海運から、環境・エネルギー事業まで、グループ全体でグローバル化を加速

2014年12月期グループ連結売上高

ツネイシホールディングス(本社:広島県福山市沼隈町常石1083、代表取締役会長兼社長:伏見泰治)2014年12月期(2014年1月1日~12月31日)の連結売上高(ツネイシホールディングス含む29社)は、前年比56億円増の2,899億円(前年比2%増)でした。セグメント別売上高では、造船事業が前年比77億円増の2,236億円(前年比3.6%増)、海運事業が前年比102億円増の436億円(前年比30.5%増)、環境・エネルギー事業とサービス事業をあわせ、前年比56億円減の432億円(前年比11.5%減)となりました。2015年12月期の連結売上高は、2,377億円を見込んでいます。

グループ中核の海運・造船業界は、為替の円安基調を受けて、海運市況、船価の底打ち感があり、新造船の発注意欲の高まりが見られたものの、依然として船腹過剰の状態は解消しておらず、市場の低迷は続きました。環境・エネルギーセグメントでは、グループの進出先である南米パラグアイやフィリピン、中国のほか、バングラディシュ、タイ、ベトナムなど、積極的に海外へと事業を展開しています。国内経済は回復基調とはいえ、地方経済への波及はまだ弱く、グループ各社は一層のグローバル化により、競争力の強化と事業の発展を推進していきます。

1.造船事業

(1)2014年の振り返り
造船業界では、円安基調や2013年からの海上運賃上昇、環境規制(居住区騒音規制)適用前の発注の動きがある反面、2014年年初から海上運賃が下落に転じたことで鈍化し、厳しい状況が続いています。2014年12月末には多度津造船の株式を今治造船に譲渡し、経営資源を本社1工場に集約。設立20年を迎えたフィリピンはじめ、中国、パラグアイの海外工場での建造体制の整備を強化しました。2014年の国内外4工場の建造隻数は4隻増の55隻となりました。2014年の新造船の受注隻数は、2013年の63隻を下回るものの57隻を受注。パナマックス、ハンディマックスバルカーにおいては、2005年からの累計(※)で引き続きナンバーワンシェアを維持しています。(クラークソンデータを基に当社調べ)

さらに、次世代工場への取組みの一環として、ロボット・IT分野の教育研究でトップを走るアメリカのカーネギーメロン大学とロボット技術に関する共同研究の契約を2014年10月に締結しました。

船の舵、軸など船尾構造品を製造する常石鉄工では、新たな事業の柱として、船尾構造品のユニット生産を若松スティール工場で開始しました。競合他社にない電気炉を持つ強みを生かし、素材製作から舶用鋳鋼品など船尾構造品の部材を生産し、舵、スタンフレームなどを一体化した船尾ユニットを一貫生産しています。

(2)2015年事業活動
オリジナル船型の8万2,000トン型ばら積み貨物船 カムサマックスバルカーが2015年1月、9年11カ月で建造200隻を達成しました。常石造船では、主力船型のカムサマックス、3万トンから6万トン級までを揃えるTESSシリーズをはじめ、ばら積み貨物船の省エネ性能の向上を進め、その技術をコンテナ船やタンカーといった船型へ応用していきます。

2015年1月、海外事業を推進してきた河野健二が新たに常石造船社長となりました。海外を軸に生産性を強化するため、フィリピン、中国をはじめ、海外グループ会社と連携し、グローバル人材の育成に積極的に取り組むのをはじめ、常石工場の設備投資など、未来に向けた投資を継続していきます。また4月には修繕本部をアフターサービス本部に名称を変更し、質の高いサービスを提供します。造船セグメント各社が連携し、バラスト水処理装置の取り付け改造工事を本格化、ビジネスチャンスを生かします。

2.海運事業

(1)2014年の振り返り
定期船部門は、中国の景気減速、日本の消費低迷により日中間の荷動きが低下する中、日中航路の輸送量は輸出入全体では1%増でしたが、輸入単体では3%増となり売上高が増加しました。不定期船部門は、ドライバルク市況は荷動きの鈍化や、依然続く船腹の供給過剰により厳しい状況が続きました。国内外への海運会社への長期傭船契約や、円高修正による為替差益などの要因により、海運事業の売上高は436億円となりました。神原汽船は8万トン級の中型のばら積み貨物船を中心に船の発注を継続的に続け、2014年12月現在の保有隻数は、海外子会社を含め前年同月の34隻から36隻と増加しました。

(2)2015年事業活動
2015年1月に神原ロジスティックスから、神原タグマリンサービスを別会社として設立。神原ロジスティックスは、福山港を基点に国際複合一貫輸送(NVOCC)を展開していきます。定期船事業ではタイの大手船社Regional Container Linesとの上海トランシップ契約を締結により、上海をハブ港とする取り組みを推進。不定期船事業では、傭船更改時期を分散化するなどで対応し、市況に左右されにくい環境を整備します。
神原汽船は3隻のばら積み貨物船を今年度新たに保有し、機動的な傭船体制をめざし、保有船隊を拡大する方針です。中期的にはマーケットの動向を見ながら船隊規模を拡充していく意向です。

3.環境・エネルギー事業

(1)2014年の振り返り
ツネイシCバリューズの国内における石油関連収益の減収により売上が大きく下がる一方、太陽光パネル販売事業に加え、昨年初めてパラグアイ向けに自動車中古部品の輸出を開始し、海外戦略を強化しています。

ツネイシカムテックスでは国内での営業基盤、処理設備の充実と同時に、積極的に海外に事業を展開。6月にバングラディシュで現地法人を設立したほか、タイで排水処理事業に着手。廃棄物の資源化モデルを通じて、経済成長に伴い顕著になりつつあるアジアでの廃棄物対策需要の事業化を推進しています。

(2)2015年の事業活動
ツネイシカムテックスでは産業廃棄物の完全再資源化、さらにエネルギー化(発電)促進に向けた取り組みを加速します。また、アジアで展開している廃棄物処理事業の基盤整備を進めていきます。ツネイシCバリューズでは、今年はフィリピンでの電動3輪タクシーの販売事業に取り組みます。

4.サービス事業

(1)2014年の振り返り
2014年1月にベラビスタ境ガ浜のチャペルが本格稼働。また知名度アップにより客単価も向上し、売上拡大に貢献しました。みろくの里は、体験型宿泊施設のしまなみビレッジや神勝寺温泉昭和の湯、2014年に25周年を迎えた三世代テーマパークみろくの里による記念イベントの実施やイルミネーションが定着し、来場者は50万人を超えました。

(2)2015年の事業活動
ツネイシヒューマンサービスとツネイシ境ガ浜リゾートは、2015年1月1日に合併し、ツネイシLR株式会社が誕生。この合併により、ホテル、体験型宿泊施設、レジャー施設など、従来分散していたサービス関連事業を総合的に運用し、地域資源を生かした新たな商品開発を行うなど、幅広い顧客層の多様な要望に応えるサービス会社を目指しています。

■ ツネイシホールディングス株式会社
 https://www.tsuneishi-g.jp
常石グループは1903年の創業以来、ばら積み貨物船やコンテナ船を建造する常石造船をはじめ、日中定期コンテナ航路など輸送サービスを提供する神原汽船、廃棄物の完全リサイクル化を目指すツネイシカムテックス、地域に根差したサービスを提供するツネイシヒューマンサービスなど、造船事業、海運事業、環境・エネルギー事業、サービス事業の4つの事業分野で、世界経済の発展や地域社会の暮らしを支える製品、サービスを提供しています。

ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
本社福山市  TEL:084-987-4915
東京オフィス TEL:03-3264-7733