常石グループポータルサイト

ホーム > 常石グループについて > CSV

CSV

社会的課題を解決し
地域の人々とともに成長

常石グループの創業者である神原勝太郎は「小なる打算より大なる打算へ、私的より公的へ、少数の幸福より多数の幸福へ」との言葉を残し、何よりも常石地域の発展を願って事業を行いました。その精神は創業から100年を超えた今もグループのDNAとして脈々と息づいています。

CSV 1:エネルギー
グリーンイノベーションの潮流に乗って

地球温暖化の解決のために始まった、低炭素社会を技術革新で実現する”グリーンイノベーション”。常石グループのエネルギー関連事業においても、その動きは加速しています。

CSV 2:リサイクル
“無駄なものはひとつもない”が合言葉

1967年、船からの廃油処理を行う神原タンククリーニングサービスの設立から半世紀。
常石グループでは常に環境技術の開発・取得を行い、リサイクルの可能性を追求し続けています。

CSV 3:地域
まちを豊かに、元気にするために

常石グループは事業の成長による雇用の創出はもちろんのこと、地域社会への貢献による住民の生活の質の向上を目指して、さまざまな事業創生や地域支援活動を続けています。

CSV 4:人材
グループ、地域社会を支える人材を育成

常石グループの企業理念は“ひと重視“。過去の造船・海運不況時も、雇用を守り乗り切ってきた歴史があります。今も、そしてこれからも、その理念は連綿と続いていきます。

CSV 5:海外
世界で、人々とともに生きていく

フィリピン、中国、パラグアイほか世界中に活動の幅を広げている常石グループ。
海外の事業拠点においても、人材育成や環境保全などに多方面で寄与しています。

一覧に戻る