ツネイシみらい財団、広島交響楽団リハーサル・バックステージツアーに中高生を招待

2017年2月10日

ツネイシみらい財団

[調査・報告]

ツネイシみらい財団、広島交響楽団リハーサル・バックステージツアーに中高生を招待

バックステージツアー参加者

一般財団法人ツネイシみらい財団(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表理事:伏見泰治)は2月5日、福山市内の中高生を対象に、広島交響楽団の第23回福山定期演奏会のリハーサル・バックステージツアーへ招待しました。この企画は、子どもの健全育成および文化伝統支援の一環として、地域の音楽に勤しむ中学・高校生の皆さんに“本物を感じる”機会を提供するため、ツネイシみらい財団が行っている活動です。

 一般財団法人ツネイシみらい財団
 http://www.tsuneishi-mirai.or.jp

今年3回目となるこのツアーには、市内6校約80人が参加し、楽器のチューニングや練習する団員の方々と直接交流しました。ツアーに先立ち、広響の事務局員から「ふくやま芸術文化ホール リーデンローズは広島県の中でも一番と言っていい、素晴らしい環境のホールです」といった地元を誇れる説明などがあり、その上でプロのリハーサルなどを見学しました。

参加された皆さんは、舞台裏等で練習をする団員に声をかけ、楽器の詳しい扱い方や音出しのコツなどを質問し、熱心にメモを取り、聞き逃すまいと耳を傾けました。クラリネット奏者へ話を聞いた生徒は「先輩からも聞けない基礎練習や演奏のコツを教わりました」と感想を語ってくれました。

生徒たちは楽団の最終リハーサル(ゲネラル・プローベ)を見学し、緊張感のあるプロのリハーサルに聴き入っていました。

■ 一般財団法人ツネイシみらい財団
http://www.tsuneishi-mirai.or.jp
所在地:〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地
代表理事:伏見泰治
常石グループは1903年の創業以来、地域に支えられ共に成長する企業として地域社会と一体となった社会貢献活動に取組んでいます。ツネイシみらい財団は常石グループの創業の理念に基づき、市民・行政・企業が協働したまちづくりと子どもの健全育成を通じて、地域の活性化と豊かな市民生活の実現に寄与することを事業目的とし2010年に設立しました。

- 本件に関する問合せ先 -
一般財団法人ツネイシみらい財団 事務局  
Tel.084-987-1675 Fax.084-987-1140
E-Mail: office@tsuneishi-mirai.or.jp