写真:造船事業

アジアを拠点とした生産体制は、国内工場とフィリピン、中国の海外2工場の3つの拠点で、ばら積み貨物船やタンカー、コンテナ船、チップ船などを建造しています。グローバル生産による規模の拡大に伴い、設計部門の国際分業も進め、製造拠点のあるフィリピンセブや中国浙江省舟山、そして上海に設計会社を設立し、日本の設計本部と連携を図っています。

環境技術

「エコロジーとエコノミーの両立」を基本に、環境への負荷が少なく、運航採算性の高い経済性に優れた船づくりを進めています。2020年を目標に、船から排出される二酸化炭素(CO2)排出量を1990年に比べ40%削減を目指しています。

修繕事業

一般修繕工事から海難工事、改造工事まで高い技術と提案力で国際的な評価と信頼を獲得しています。
定期検査を目的とした一般修繕工事から船体大型化などの改造工事まで、多岐にわたる修繕・改造の細やかなニーズにお応えしています。最大20万DWTの船型も入渠可能で、高度な技術力と徹底したスケジュール管理、品質管理、提案力で船主の船舶運航計画の一役を担い、海上安全に貢献しています。

関連グループ会社

常石造船株式会社

1917年7月創業。アジアを中心に新造船 の建造と修繕事業を展開しています。ばら積み貨物船、コンテナ運搬船、タンカー、自動車 運搬船、木材チップ専用船など、市場のニーズを捉えた多様な船舶を開発・建造。また、培った技術と経験を生かし船舶の改造や修繕も行っています。

トップメッセージ
常石鉄工株式会社

1963年1月創業。船尾構造品の製作や機械加工、艤装工事を専門とする技術者集団です。製缶部門ではスタンフレーム、ラダーホンなどの大型製缶品やパイプ一品管を製作。 機械加工部門では推進軸や中間軸など舶用部品を機械加工をするほか、機関室内の機器据え付けなどの艤装工事を担っています。

トップメッセージ
常石商事株式会社

1953年5月創業。鋼材・管材・一般資機材など最適な資機材の提案から調達、輸送、 アフターサービスまで、国内外の造船事業をトータルにサポートしています。海外への資機材輸出や海外製資機材の輸入販売も行っています。

トップメッセージ
常石エンジニアリング株式会社

1979年4月創業。船舶・海洋構造物をはじめ、陸上の発電プラントなど幅広い製品を設計しています。既存船の改造工事や修繕作業に必要な設計も実施。設計者やエンジニアを派遣し、エンジニアリングのサービスも提供しています。

トップメッセージ
TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (CEBU), Inc.

1994年、フィリピンに設立。ばら積み貨物船を中心に建造し、内航船向けに修繕事業を展開するほか、地域における教育、医療などの分野での支援活動も推進し、地域経済の発展と豊かな暮らしの実現を目指しています。

常石集団(舟山)造船有限公司

常石造船株式会社の中国拠点として2003年にスタート。市場で高い評価を得るTESSシリーズやカムサマックスバルカーなどを建造。新造船事業を展開するとともに、従業員の技能育成や地域との連携も進めています。